『ブラック・レイン』~洋画だけど日本の俳優陣の方がカッコよくみえる

原題:BLACK RAIN

1989年 125分 アメリカ/監督:リドリー・スコット/出演:マイケル・ダグラス アンディ・ガルシア 高倉健 松田優作/大阪・梅田スカラ座にて鑑賞/引用画像:チラシ,前売半券(蒐集品)

□ニューヨーク。刑事のニック(マイケル・ダグラス)と相棒のチャーリー(アンディ・ガルシア)はレストランで日本人ヤクザ・佐藤(松田優作)による殺しを目撃する。佐藤をなんとか捕まえた二人は送り返す任務を言い渡されるが、日本へ着くなり佐藤の手下に一杯食わされ、まんまと逃げられてしまった。大阪府警の怒りを買って邪魔者あつかいされる状況のなか、刑事の意地で佐藤を追い始めるニックとチャーリー。しかし、恨みを抱いた佐藤の罠にかかり、チャーリーは首をはねられてしまう。

■『ブレードランナー』に登場するロサンゼルスがアジアの夜だったので、リドリー・スコットが新作で日本ロケを行うというニュースが入ったときには、かなり喜んだわけです。そうかそうか、スコット監督は大阪をブレランにしてくれるのか、と。で、封切られると急いで劇場へ向かいました。ですが、これがほとんどいつもと印象の変わらぬキタやミナミで、ちょっと肩透かし。おそらくはロケ撮影に課された条件やスケジュールの都合なんてのが、影響したんでしょう。あるいは、ヤン・デ・ボンとジョーダン・クローネンウェスの感性の違いとか。いまあらためて鑑賞してみて良いなと思わせるところは、まずは、刑事部屋の縦長の空間にモノと人間がぎゅっと詰まった画。あの狭苦しさが日本らしさということなんでしょうが、美意識も感じられます。工場敷地内でのアクションではトラックと自転車の群れが機械的に流れて、ゲーム画面みたいな嘘っぽさがシュールです。SEの類いは街に能(?)が流れていたり、片言の日本語が飛び交っていたりするのが、やっぱりブレランふうでマル。

■役者の演技では、それぞれに個性が生きるところがありますね。前半ではアンディ・ガルシアの陽気さと男前な笑顔が魅力で、ガルシアが退場してからはそれと入れ替わるようにして、健さんの思いやりと温かみの芝居が映画に深みを出させています。優作さんは他の役者の演技空間を破る芝居で、やはり印象に残りますね。ベテランのオーソドックスな芝居でおさめる若山富三郎さんにたいし、その場を乱すような態度で挑みかかっています。飛行機で護送される場面でダグラスに向ける視線なんかも、とても良かった。悪事や殺しを楽しんでいる人間の、というか人間ではない者の目つき。かなり役柄に入り込んでいたのではないでしょうか。

■それとは逆にダグラスの方は残念な感じです。ケイト・キャプショーの役はなくしてしまって、そのぶんニックのキャラクターを描く時間をもっと作るべきだと思いました。だって、ニックって暴れん坊なだけで、その人物像がよくわからないんですもん。チャーリーからはやたらと信頼され好かれてもいますが、なぜ彼がそんなにいいやつなのかという説明の描写は、ほとんどありません。見た目にはずっと怒っているだけですからね。なので、ここを掘り下げていたら、男どうしのドラマの熱さが増したように思うんですよ。役者が揃っているだけに、ちょっと惜しいです。

■本作はスーパー35で撮影されていて、国内盤のレーザーディスクが出た際には、スコープ版とスタンダード版の二種類がリリースされていました。ぼくはスーパー35という方式を知らずに、スタンダードはスコープの左右を削ったものだから情報量が少ないと思ってスコープ版を購入したんです。ですが、後にメーカーの方から説明不足だったと謝罪の告知がありましてね。うめだ花月の前にあったジョーシンで、希望される方は交換しますよとの張り紙をみて、ブラウン管もまだ4:3だったし、スタンダード版に換えてもらったわけです。でもね、そうやって比べてみると、スコープ・サイズの方が、やっぱり構図がシャープでカッコいいんですよ。これはいい学びとなりました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。